たわごと

2018年01月08日

本年もよろしくお願いいたします。

ブログの更新が新年明けても1週間無いというぐうたら度合い。

先日の練習で「新年のご挨拶」というのを、

誰かがするまですっかり忘れていました(笑)

というのも、ここ最近は年末年始でも誰かと連絡を取り合う、ということは

日常茶飯事ですし、特別感というものもここ数年は薄れつつありますよね。

最も個人的な感覚の問題、ということもあるのかもしれませんけど(笑)

ともあれ我々メンネルにとっては、2月17日の演奏会が当面の目標ですから、

年がどうこうというよりも、そこに向かっていかなければなりません。


先日の練習後、学生時代に他団で男声をやっていた同期に会ってきました。

彼は現在合唱には携わっていませんが、年に1~2回程度近況を話しつつ、

今自分が取り組んでいる曲の楽譜を見せて意見交換をする間柄です。

そんな中、今後の男声を取り巻く厳しい状況についても意見を交わし、

「もっと新しいことを取り入れてやっていかないと、発展は難しい」

という意見が出ました。

普段からこのブログでも今後のことについては言及していますので、

今更ではありますけど、我々世代にとって頭を悩ませる課題になるでしょうね。


そんな話をしていた翌日、某後輩と久々にLINEで連絡していました。

主目的は彼の所属している合唱団への情宣願いだったのですが、

その合唱団はいわゆるサブカルチャー志向でして、

俗に言うアニソン等の合唱をやっているところだったため、

おそらく客層として来場が期待できないだろう、というお断りを受けました。

後輩から聞いた話と、後にネットで調べてみたところ、

混声ではありますが、50人ほどの合唱団で、平均年齢も相当若いです。

それを見て、これこそが先述の「合唱の新しいこと」(の1つ)である、と思いました。

我々もいかにして新しい世代に興味をもってもらえるか、参加してもらえるか、

ということを真剣に考えていく必要があるでしょうね。


さすがにウチの合唱団でアニソンをやるわけにはいきませんが(笑)


aichimanner at 21:06|PermalinkComments(0)

2017年12月25日

忘年会疲れの日々(笑)

金-日-火-金-土と、酒にやられていました。

特に普段は飲まないので、この1週間ほどで1年の半分以上飲むという

非常事態に見舞われています。

前からも言っている気がしますが、酒は特に好きなわけではありません。

が、特に弱いわけでもないので、たしなむ程度には飲みます。

でも特に欲することはありません。

唯一家で自ら酒を飲むのは、ドラゴンズが優勝した日だけと決めています。

つまりここ数年は家で飲んでいません(笑)

酒に使うお金を、別のところに使いたいということもあって、

あまりそっち方面に浪費したくないのもありますよね。

そんなわけで、楽譜を買いあさっていたりします。

(それよりも大きな出費は「ハロプロアイドルのコンサートおよびCD関係」)

しかし20年ほど前に買った東京景物詩に手が加えられていて、

もはやアウトレット品になってしまっていたことは、ショックでした(笑)


そんな酒の場でも、某先輩から「君のステージに乗るのを楽しみにしてるからね!」

と激励されて、とてもうれしい気持ちになりました。

それ以外にも結構色んな人から「松井君のステージだけでも乗りたい」と言っていただくなど

妙に期待されているのが、うれしい反面、逆に恐ろしい(笑)

とはいえ、自分の想いだけで選曲した曲集に頑張っていただいていると、喜びもひとしお。

まりあ、とっても嬉しいです。

ネタのわからない方は「牧野真莉愛」を要チェック!


さてそんな期待をされている私ですが、

どこかでもこのブログでふれたとおり、森を見て木を気にしない人間だと思っているのですが、

スパルタだとか妥協しないだとか(自分にとって)意外な言葉を掛けられることが多いです。

確かに職場でも「A型じゃないんですか!?」と言われるんですが、

自分はかなり典型的なO型だと思っているわけで・・・。

適当モード時の振れ幅がすごすぎるのかもしれませんが、

なんだか自分の性格について考え直す必要がある1年となりました(笑)

正直一般合唱団をやっていて、時間が足りない、ということを切に感じます。

修正点を挙げればきりが無く、修正した時とは全くメンバーが違う、なんてことも

社会人合唱団ならではの悩みもあります。

だからこそ、細かいところは省いているつもりでしたが、

蓋を開けてみると確かに細かい指示しまくってるな、と楽譜を見返して思ってみたり(笑)

でもまぁあれなんですよ、メンネルってねぇ、本番1週間ほど前になって

言ってきたことが突然できるようになったりするんですよ(笑)

それまでは練習開始時にすっかり忘れてたりするんですよ(笑)

そういうわけで、これから正月休みに入りますから、

正月明けにはすっかり皆さん忘れた状態で参加されるんですよ(笑)

というか僕も忘れてしまいます(笑)

ウチの合唱団は多分2月ぐらいに本気出すと思う。たぶん。


それではみなさん、良いお年を。

年内の更新をしない、とは言っていません。

ネタが無いから更新しない可能性大ですけどね、ええ。

aichimanner at 21:52|PermalinkComments(0)

2017年12月18日

忘年会シーズン

昨日は武者修行中のグランフォニックさんの忘年会に

ご招待いただきましたので、参加してきました。

同年代の方が少なかったですが、有意義な時を過ごしてきました。

ただ、人のペースに合わせて飲むのはしんどい(笑)

普段は全く酒を飲まないので、会社の行事等が無い限りは

ほとんど口にすることが無いので、久しぶりに飲むと効きます。


ちなみに、10~11月は飲酒回数0です(笑)

それが今月だけでも6回の忘年会(もしくはそれに付随する何か)があり、

現在2回消化。明日3戦目があります(笑)

今月だけで1年分飲んでいると言っても過言ではないでしょう(笑)

昨日隣に座っていた方は、「飲まない日はない」とのことで、

「会社から帰って疲れて飲みたくならない?」「ならないですね」

何とも協調性の無い感を丸出しにしておりました(笑)

酒を飲むと翌日の声質に影響するので、

練習の前日は無理をしたくないんですよね。

朝起きると半オクターブぐらい低い声が出ます(笑)

と、言っていますが、それほど声のケアもしてないですけど…。

与えられた環境で常にベストを模索する。

いい風に言えばそうなります(笑)


水曜にグランフォニックさんの練習で、土曜にメンネルの練習(+忘年会)で

今年は歌い納めです。

演奏会まであと2ヶ月。風邪をひくならいまのうち!(笑)

aichimanner at 21:50|PermalinkComments(0)

2017年11月20日

武者修行

グランフォニックさんのワンステージメンバーとして、

練習に参加してきました。

結論として、かつてないほどのハイレベルの中での練習でした。

自分は初ですけど、他の方がある程度仕上がっている状態、というのもありますが…。

ウチなら本番前でも到達できないほどのレベルにすでに達していました。

発声など何から何まで1~2ランク上、という印象ですけど、

人数の多さが助けている部分もあるのかな、と思います。

一概には言えませんが、メンネルでも今の倍いればまた違った演奏になるでしょうし。

そのレベルの中に入っていると、あと4回程度の練習で自分のステージを

どこまで持っていけるかが非常に不安ではあります。

あとは本番前の団員の底力を信じたいところですね。

今日練習して思ったのは、我々の練習場は致命的なほど響きませんね。

粗が出やすいのはこういったことにもあるかもしれません。

でも練習場が無料、なおかつ自由ってのはとっても恵まれてますね(笑)

色々と感銘を受けたこの1日でした。いや、2時間でした。

それ以外は昼寝していました(笑)

aichimanner at 00:19|PermalinkComments(0)

2017年11月13日

演奏会チラシと宣伝と暗譜

001
演奏会チラシができあがりました!

第1回目の演奏会ということもあって、空席で寂しい感じにしたくないので、

ご都合のつきます方はぜひともお越しくださいませ。

心地よい睡眠を提供いたします。

間違えました

楽しい時間をお届けします。

多分

絶対!

まぁ眠くなるのは仕方ありませんね(笑)

合唱自体を知らない方が観に来られて、

よくわからないスローテンポな曲を聴かされて眠くならないのであれば、

それは相当技術のある合唱団だと思います。

先日このブログでも述べましたが、芸術とは突き詰めれば突き詰めるほど

一般人から乖離していくものだと考えています。

俗にいう「万人ウケ」というものはその道の達人からは「浅い」と評価されがちですが、

それは果たして何をもって「浅い」のか?

万人にウケる芸術作品を作ることも、その道に長けた者にしか為し得ないことなんですけどね。

という思いを僕はステージとして選曲したつもりです。

だけど最初の曲は寝そうになるかもごめんなさい(笑)


話は変わりまして、

前回グランフォニックのワンステージに参加を表明しましたが、

このグランフォニックという団体は、ステージでは常に暗譜です。

どんだけ難しい演奏でも暗譜です。

そんなわけで自分の団体の演奏会もあるのに暗譜のために練習せねばなりません(笑)

逆に、我々愛知メンネルは楽譜を持ってステージに乗ります。

ある意味対照的な事案なのですが、メリットデメリットは様々です。

暗譜ならば指揮者も見て集中できるし、声も前に飛びやすいですね。

ただし、暗譜と言っても、人間ですから完璧というのはなかなか難しいものです。

忘れてしまうと演奏に支障をきたす可能性すらあります。

私が思う、楽譜を持つことのメリットはもう一つあります。

「楽譜さえ読めれば練習回数が少なくても参加できる」というメリットです。

少し極端な話ですが、楽譜見るなら当日でも歌える、なんて場合もあります。

ウチは小さな団ですし、それほど高いレベルを有しているわけでもありません。

だからこそ、色々な方が気軽に参加できる≒ステージ参加人数が増えるわけです。

楽譜を持つことに批判的な意見も少なからずありますが、

そういった気軽さも必要なのではないかと思いますね。

まぁ見ないにこしたことはないですけどね。

先日の練習で「見なくても歌えるだろ」とか言って暗譜で歌ってましたが、

盛大に数か所間違えました(笑)

人間の記憶力と、それに対する自信なんてその程度のものです(笑)

でも他団の演奏会に参加して盛大に間違えるのはまずいので、

今の時点から練習しています。

いや、その前に自分の団の練習しろよ(笑)

aichimanner at 22:20|PermalinkComments(0)