お知らせ

2018年11月11日

フェスティバルの反省会

今更ながら、男声合唱フェスティバルの反省会を行いました。

色々と思うことがあり、言いたいことを言ったことで、少しいら立ちが収まりました。

今回の演奏会で一番大きかった出来事は、グランフォニックとのコラボでした。

これについて意見が様々ありました。内容の是非はともかく、

意見は色々あって然るべきかとは思います。

少なくとも今回の反省会に参加された方からは、「刺激になった」という意見も多く、

特に何もしていませんが、掛け持ちして橋渡しのサポートをした身としては

一定の成果はあったのかな、という感じでした。

こういう時によく出てくる意見ですが、

「団の色」というのがよく耳にするワードです。

確かに発声法や歌い方など、各団によって特徴や相違点はあると感じます。

それは練習を重ねていって多少の癖が出てきたりはするものですが、

多くの場合は個人の力量に依っています。

例えば自分はメンネルでもグランフォニックでも歌い方は変えていません。

それが原因で互いのハーモニーが崩れることもありません。

ですが、メンネル=グランフォニックというわけではないですよね。

ということは、それは各団にあらかじめあるカラーなのではなく、

個人の集合体が結果としてカラーになった、ということです。

集まった人で作られたのが団のカラーです。

その閉鎖的な思考が、こと愛知県内の男声合唱団を形骸化させている

理由なのではないかと思います。

「同じ大学のOBなら歓迎するけど、他の人はちょっと考えます」では、

同じ大学のOBですら入ってきてくれないでしょうね。

そうは言っても、この意見も自分が外へ出るようになってから

柔軟に考えることができるようになったわけですし、

あまり無理強いするのも酷というものです。

ただ、先々のことを考えたときに、一人でも多く団員として入団してもらい、

少しでも長く団として存続するためには、直面する課題となるでしょうね。

現に出身校に関わらないグランフォニックは、今年だけで5名ほど団員が増えてますから。


そんなこんなでイラついていることと、演奏会がまだ1年先ということと、

12月にグランフォニックの方でちょっとした演奏があることで、

自分に余裕が無い上に、メンネルへのモチベーションが上がっていません。

合唱祭だけではなく、何かしらの演奏会やイベントを挟まないと、

モチベーションの維持は難しいのかもしれませんね。

あまり頻繁に何かあっても困るのは困りますが(笑)


ちなみに演奏会ですが、2019年10月26日西文化小劇場でほぼ決まりです。

なんとグランフォニックの6日後です。もろかぶりです。

指揮を含めてほとんど暗譜なので、考えただけでも逃げたくなります。

モチベーションが上がらないとか言っておきながら、

イベントが多すぎて逃げたくなるとはこれいかに。


aichimanner at 01:44|PermalinkComments(0)

2018年09月09日

ホームページの公開

結構前からホームページの製作を構想していつつも、

作ってみてはしばらく放置して、を繰り返していたのですが、

ようやく完成しました。

https://norio1218.wixsite.com/aichi-manner

書いては消してのホームページです。

ネタのわからない方は「カントリー・ガールズ」をご参照ください。

このブログがFacebookとの連携できなくなってしまったことと、

先日の男声合唱フェスティバルでモチベーションが上がったこともあり、

製作途中のものを一気に作り上げてみました。


ここ最近の世情から鑑みるに、ホームページによる発信というものは

それほど有効な手段ではないと思われますが、

無いよりはマシかという感覚です。

実際のところ、自分がどっかの団を掛け持ちしようと思ったときに

ホームページ探してみて、内容が詳しく書かれているところに

行ってみようかな、と思ったことが一時ありましたので。

(結局別ルートでグランフォニックを掛け持ちすることになりましたが)

とりあえず団員募集のためのツールとしてを第一に、

それ以外のことは何も考えていませんが、

何らかの覚書にも使えたら良いと思っています。

演奏会の記録とか、写真を入れたりしようと思ってますが、

そこまではまだ何もできていません。構想もありません。

それほど暇ではないのです!

すみません!嘘です!(笑)

aichimanner at 18:32|PermalinkComments(0)

2018年08月27日

第2回愛知県男声合唱フェスティバル

第2回愛知県男声合唱フェスティバルが無事終わりました。

ご来場くださいました皆様、並びに、当演奏会においてご支援を

いただきました方々に感謝申し上げます。

今回はグランフォニックの精鋭部隊が有志参加という形で

助っ人になっていただきました。

常々言っていますが、この経験が団としての音楽性レベルアップに

繋がったのではないか、と確信しています。

また、メンネルからもグランフォニックのステージへ2名参加し、
(実際は5名でしたが、内3名は「団員」であるため)

お互いにコラボでき、フェスティバルならではの楽しみもありました。

お世辞抜きでメンネルとグランフォニックがこのフェスティバルで

旋風を巻き起こすことができたと思います。

メンネルとしては、今回のことでずいぶんハードルが上がりました(笑)

次の演奏会で「グランフォニックがいたからか」と言われないようにしたいと思います。

いや、少なからずそうなるとは思いますが…。ローマは1日にして成らず。

墨俣一夜城ぐらいにはしたいと思います(笑)


毎回のことですが、個人的にもかなり成長の機会があったと思います。

特にグランフォニック指揮者の方々と、我がメンネルの正指揮者を見て、

自分が指揮するうえで参考になった部分が多数あります。

副指揮者を名乗っていますが、指揮者としてはまだまだ勉強の余地があります。

ピアニストからは「(この人バカ丸出し…)」と思われるレベルですので(笑)
※一部事実と異なる記述がございます


冗談はさておき、2年ぶりに今回のフェスティバルが行われたわけですが、

各団ずいぶん高齢化が進んでいます。

こんなことを言うと怒られるかもしれませんが、目をそらしてはいけない事実です。

「歌えなくなったら終わり」と考えて今を楽しむ合唱団もいらっしゃるとは思います。

それも一つの形だと思います。

ただ、少なくとも愛知メンネルはそうではありません(グランフォニックも、ですが)。

その危機感が今回の両団のコラボに繋がったこともあります。

県内の大学男声合唱団が存在しないこと。それがなぜなのか。

大学にないから一般団でもいいから入る、そんな人がいないのはなぜなのか。

今一度真剣に考えていく時が来ていると思います。

(自分の中にはひとつ答えがありますが、敢えてここでは述べません)


…社会的要因もありますけどね、少なからず(笑)

aichimanner at 10:52|PermalinkComments(0)

2018年07月15日

練習やらなんやらと告知

土曜日もグランフォニックとのコラボ練習でした(勝手に命名)

個々の力の話もありますが、単純に人数が倍近くになると、

やはり幅も広がります。

特に感じるのが、pとfの差が断然出しやすい。

・・・はずなんです(笑)

メンネル・グランフォニック両団に所属してみて思うこととして、

指揮者の指摘って多少のレベルの違いはあれこそすれ、ほとんど同じです。

その内容が「ここはpって書いてあるでしょ」「デクレッシェンドをもっとしてください」

っていう指摘です(笑)

勝手な偏見を承知で言いますが、特に男声やっている人間っていうのは

妙に自己主張の強い人間が多いです(自分も含め)

ゆえに、自分が歌っている間に、声は大きくなっていきます(笑)

混声とか他の世界はわかりませんが、

少なくとも男声で「pで歌うのが好き!」っていう人は、まー見たことありません(笑)

人というのはそういうものなのかもしれません(笑)

人数が多いことで、fの迫力というのは出しやすくなったと思います。

あとはp部分のメリハリをどういう風に聴かせるか、というところが

合唱団の上手下手につながるのではないかと思いますね。

その前に音が取れていないとダメですけどね(笑)

え?誰が取れてないって?私ですが(笑)



で、宣伝です。

我が団のピアニストを務めていただいております、野口夏菜さんが

7/27(金)に千種区で行われます「YOSEコン」というイベントに出演するそうです。

スキャナーでチラシ取り込んで貼ろうと思ったのですが、PDF形式になってしまうわ

このブログはPDFでは貼れないわで頓挫しましたので、

下記にURLを記載しておきますので、興味のある方はどうぞ!

https://nagoya.mypl.net/chikusa/article/yosecon_chikusa-nagoya

aichimanner at 13:29|PermalinkComments(0)

2018年04月29日

小告知

ちょっとしたお知らせです。

いつものことですが、本年も愛知県合唱祭に出場いたします。

6/9お昼からの部でどこらへんかに出場です←まだ把握してません(笑)

多分、大ホールです。

大ホールで披露するようになってから2年が経ちましたが、

個人的にも団としても最大のハコで演奏するので

たったの1曲とは言えど、それなりのレベルのものを披露したいですよね。

言うだけなら簡単なので、とりあえず言っておきます(笑)


あとは8/26に行われる男声合唱フェスティバルまで、

準備期間は若干短めですが、練習していっております。

新しいセクションになってからはや2ヶ月で、

3曲ぐらいは「それなりに」できています。

曲自体の経験者がいることや、音取り音源の駆使などで、

飛躍的に音取りの時間は減っていますし、

それなりにはそれなりになるでしょう(笑)


一つ個人的に問題があるとしたら

副指揮者として練習を仕切る場面があるため、

自分が一番音を取れていないということ(笑)

なまら声がでかいので、間違えたときに消えてしまって、

バリトンの声量が一気に減るので責任重大です(笑)

まぁ、なんとかなる、なんとかなる←いつもこうだ(笑)


aichimanner at 18:46|PermalinkComments(0)