10/22の練習同志社グリー

2016年10月24日

あらかじめ

とりあえずこのブログ、現時点で公式のHPが無いことから、業務連絡にも利用しますが、

あくまでも「愛知メンネル副指揮者」のブログです。

ここに書かれると思われる様々な推論とか想いとかいうのは

私自身の「私見」が大いに入っております。ていうか私見です(笑)

なので、このブログの内容が、「団体の考え」とかそういうものではありませんので

あらかじめご了承くださいませ。


前回の練習で、ようやく歌い手側に色々と注文をつけ始めましたが、

指揮者としての難しさに直面したような気がしています。

決して嫌になったとか、そういうのじゃないですよ(笑)

歌い手の皆さんからも歌詞の内容とかそういったことで質問されたりして、

これまで何となくやってた部分をもっと詰めないといけないな、っていうことと、

逆に色々と深読みして考えたり準備してたことが、蓋を開けてみたら言わずとも

実行してもらっていたり、その逆だったり、結構想定外のことがたくさんありました。

学生の時に比べて準備の時間が無い、というのは言い訳になりますが、

学生指揮者時代に通学電車の中や部室で半分寝ながら・・・なんてことが

できない現状ですから、時間は圧倒的に少ないですね。

自分は「努力」や「頑張る」が苦手なジョセフ・ジョースターみたいな人間ですから、

細かいことをコツコツ考えるのは不得手です。

だから合唱も「森を見て木を見ず」なわけで、

「森があるんだから木は生えてるだろ」

ぐらいの考え方をしています。

メンネルぐらいの演奏会に来場くださるお客さんって、

全体的なものを見に来る人がほとんどだと思うんですよね。

だからこそ、個人的には細かい1音がどうこうってのより、全体の出来栄えを

大事にしているつもりです。

まぁ努力が嫌いとか言ってから説明すると、完全に言い訳っぽいのですが(笑)


aichimanner at 22:20│Comments(0)たわごと 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
10/22の練習同志社グリー