安西先生っ!もう一度…男声合唱がしたいです!武者修行

2017年11月13日

演奏会チラシと宣伝と暗譜

001
演奏会チラシができあがりました!

第1回目の演奏会ということもあって、空席で寂しい感じにしたくないので、

ご都合のつきます方はぜひともお越しくださいませ。

心地よい睡眠を提供いたします。

間違えました

楽しい時間をお届けします。

多分

絶対!

まぁ眠くなるのは仕方ありませんね(笑)

合唱自体を知らない方が観に来られて、

よくわからないスローテンポな曲を聴かされて眠くならないのであれば、

それは相当技術のある合唱団だと思います。

先日このブログでも述べましたが、芸術とは突き詰めれば突き詰めるほど

一般人から乖離していくものだと考えています。

俗にいう「万人ウケ」というものはその道の達人からは「浅い」と評価されがちですが、

それは果たして何をもって「浅い」のか?

万人にウケる芸術作品を作ることも、その道に長けた者にしか為し得ないことなんですけどね。

という思いを僕はステージとして選曲したつもりです。

だけど最初の曲は寝そうになるかもごめんなさい(笑)


話は変わりまして、

前回グランフォニックのワンステージに参加を表明しましたが、

このグランフォニックという団体は、ステージでは常に暗譜です。

どんだけ難しい演奏でも暗譜です。

そんなわけで自分の団体の演奏会もあるのに暗譜のために練習せねばなりません(笑)

逆に、我々愛知メンネルは楽譜を持ってステージに乗ります。

ある意味対照的な事案なのですが、メリットデメリットは様々です。

暗譜ならば指揮者も見て集中できるし、声も前に飛びやすいですね。

ただし、暗譜と言っても、人間ですから完璧というのはなかなか難しいものです。

忘れてしまうと演奏に支障をきたす可能性すらあります。

私が思う、楽譜を持つことのメリットはもう一つあります。

「楽譜さえ読めれば練習回数が少なくても参加できる」というメリットです。

少し極端な話ですが、楽譜見るなら当日でも歌える、なんて場合もあります。

ウチは小さな団ですし、それほど高いレベルを有しているわけでもありません。

だからこそ、色々な方が気軽に参加できる≒ステージ参加人数が増えるわけです。

楽譜を持つことに批判的な意見も少なからずありますが、

そういった気軽さも必要なのではないかと思いますね。

まぁ見ないにこしたことはないですけどね。

先日の練習で「見なくても歌えるだろ」とか言って暗譜で歌ってましたが、

盛大に数か所間違えました(笑)

人間の記憶力と、それに対する自信なんてその程度のものです(笑)

でも他団の演奏会に参加して盛大に間違えるのはまずいので、

今の時点から練習しています。

いや、その前に自分の団の練習しろよ(笑)

aichimanner at 22:20│Comments(0)お知らせ | たわごと

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
安西先生っ!もう一度…男声合唱がしたいです!武者修行