2016年11月04日

音取り

最近忙しいからという理由で音取りの練習できてませんこんばんは>挨拶

昔からいろんな人に対して「時間は作るものだ」とか豪語しておいて、

自分が時間作れてないという罠にかかっていますが、

それも言い訳でして、実際のところは録画で溜まった将棋とか仮面ライダーとかを

日々消化していく毎日が続くわけです。

ちなみにジュウオウジャーは見てなさ過ぎて、観るのを諦めました。

つまりは「観たいと思っても観ることができないので、

そのうちノリヲは考えるのをやめた」というやつです。

ネタがわからない方はジョジョの奇妙な冒険第2部~戦闘潮流~をご参照ください。


音取りの練習もありますが、今やらなければいけないと思っているのは

歌詞を全員に配布するための準備です。

以前の練習で、意外と歌詞をしっかり見てなかったことに気づきました。

本来やって当たり前のことなんですが、

内容とか何も考えずに歌ったり歌わせたりしていたのが自分の現役時代で、

それでも案外何とかなっちゃうのがメンネルクオリティーだったんですよね。

曲そのものがどういうものであるか理解していれば、歌えると思っていたからです。

いや、実際のところ、今でもそう思っています(笑)

ですが、今回の曲でよくよく読んでみると、意外と文章を勘違いしていたこともありました。

というわけで、練習に毎回全員が参加できるわけではないので、歌詞を書いて

意味も調べて補足して出そうと思っています。


思っていますが、


気づいたら電車に乗る旅の計画をひたすらExcelに打ち込む日々です(笑)

みなさん、時間は作るもの、ですよ(笑) 

aichimanner at 23:02|PermalinkComments(0)たわごと 

2016年10月28日

愛知メンネル事務局連絡

事務局の連絡を貼っておきます。
団内の連絡みたいなもんです。万が一ご興味のあるという珍しい方はのぞいてみてください(笑)

明日、10月29日(土)は愛知メンネルの練習日です。


☆☆練習時間・練習場所・練習曲☆☆ 

・練習時間は午後2時からです。練習開始時間からは発声練習を開始しますので時間厳守でお集まりください。

今回は正和さんの曲です。
○智恵子抄巻末六首の歌のアンサンブル
○リパブリック讃歌の音取りの続き&アメイジンググレースの音取り:30分
○柳河風俗詩(全曲)の音の確認(あるいは音取り):30分
○柳河風俗詩のアンサンブル 1番から
○時間が余ればリパブリック讃歌&アメイジンググレースのアンサンブル(音の確認)
・今後の練習日 11月12日、19日、26日、12月10日、24日


aichimanner at 23:18|PermalinkComments(0)業務連絡 

2016年10月26日

同志社グリー

12月にある、同志社グリークラブの定期演奏会を見に行くことになりました。
 
かれこれ5年ほど前に何となく時間があったから見に行った同志社の演奏会を見て、

当時の1~2年生の人数の多さに

「これは再来年が楽しみだ!」

と思って毎年楽しみにしています。

昨年は会社行事の都合で見送りましたが、今年は行くことができそうです。

過去自分が現役時代に、同志社の演奏は関西六大学で拝聴しましたが、

当時のイメージは「エリート集団」という感じでした。

数十人という集団が1本の音を、4本のハーモニーを、一糸乱れず合わせる、という印象でした。

現在は当時と比べて少し個性を打ち出したような雰囲気ですが、それも素晴らしい。

同じ合唱をやる者として、自分より1回り以上も若いとはいえ、参考にしたいスタイル。

2年ほど前に早稲田グリーを観に行きましたが、こちらはスタイルがちょっと違って、

100人全員が同じ音を出し、なおかつ100人分の声量で押す、というイメージ。

全員が自信持って音を出せるんでしょうね。うらやましい限り。

ちなみにワセグリはレギュラー制らしく、100人しかステージに乗れないそうです。

つまり、100人以上団員がいるってことですよね。

その溢れたメンバーでも、愛大メンネルぐらいの合唱団はできるんじゃないかと(笑)


話を戻しますが、 今年の同志社は「富士山」をやるそうです。

いくらエリートの同志社とはいえ、名曲中の名曲「富士山」を選曲するからには、

今年の彼らは並々ならぬ自信があるのだとうかがい知れます。

彼らの演奏に期待したいですね。


ちなみに今回はメンネル後輩の杉浦君と渡邉君、

それに今年から再び伴奏をお願いする野口さんとの愉快な京都紀行です(笑) 

今回はどの七味唐辛子を買おうかな(笑)

aichimanner at 23:59|PermalinkComments(0)