2018年06月25日

W杯見たいから手短に(笑)

じゃあ書くなよ、ってツッコミもありますが(笑)


土曜日の練習では、グランフォニックからの賛助出演の方が多数参加され、

全体に厚みが大きく増しました。

1パート2名ほどの応援だけで、これほど変わるものかと思うほどです。

結局パートの人数が実質1.5倍程度になるだけで、

各自の負担も減った結果、力まず楽に歌えるということが

良くなった部分であると思います。

もちろん来てもらっている方々が強いというのもありますが…。


そして日曜日、会社の同僚が所属するオーケストラの演奏会を鑑賞してきました。

こう言ってしまうと非常に失礼な言い方になるかもしれませんが、

自分はオーケストラに関しては全くわからないため、

正直技術的に上手いのか下手なのかもわかりません。

テレビでやっているようなプロのオケと何が違うのかわかりません。

実際他を聴いたことが無いので、このオケのレベルが非常に高いのかもしれませんけど。

自分のような素人には(←芸術かじってる人間にあるまじき(笑))、

どんな演奏を聴いてもそれは卓越した技術である、と捉えます。

が、その感覚というのは非常に大事なのではないかとも思います。

自分のように「知り合いが出るらしいから聴きに行く」というパターンというのは

とても多いと思うので、こういった方もわかりやすい演奏って重要ですよね。

まぁ前から言ってますし、

セネガル戦がキックオフしたので、こんなもんで(笑)

aichimanner at 00:00|PermalinkComments(0)たわごと 

2018年06月18日

私事と腹回り

私事ですが、本日長男が誕生しました。

アイドル大好きな自分としては、女の子2号がほしかったわけですが、

男の子が出てきました。(もちろん事前にわかっていましたが)

長女は苗字もさることながら鉄ヲタのアイドルにでもならねーかと思って

育てていたわけですが、特に鉄道に深い興味を示すわけも無く、

この父のような、歌好きにもなりませんでした。

似ているのは、ひたすら赤いものを好む、色が白い、

というわけで完全にイカです(笑)

子は思ったようには育たないということはよくわかりました。


今回は男の子だったので、未来の男声合唱を担っていただけるよう、

毎日風呂で男声合唱を聴かせるという偏った教育を心がけます(笑)

問題は長男が大きくなるころに、男声合唱が無事に文化として生き残っているか、

という大きな疑問にぶち当たるわけですが、もうそれは知りません。

でも親父が男声やってて息子も、なんてなかなか無いですよね。

愛知県周辺だと人数も少ないですし、なかなかそういう人に会ったことがありません。

逆に、団員でも息子に合唱をやらせている人もいません。

思うようにはいかないものです。


とりあえず長女長男ともに、父親のように

大学入試中に諦めて途中で帰ったり、

合唱と麻雀にハマりすぎて5年間大学に在籍したり、

就職先の同期と毎日のように外で飯食って、金欠になったりさえしなければ、

何でもよいです(笑)

アイドルにハマってコンサートに行くのは許容します。ただしハロプロ限定(笑)


以前ここでも触れましたが、風呂を出たら腹回りが若干プヨってました。

合唱という腹筋運動はしてるはずなんですけどね。

手を抜いて歌ってるのが最近になって効いているのかもしれません(笑)

しかし体格はともかく、合唱ってのは一種のアンチエイジング効果が

あるのではないかと思っています。

メンネルもそうですが、グランフォニックにしても年齢の割には

元気な方が多いように感じます。

元気だから男声ができるのか、男声やってるから元気なのかわかりませんが、

健康にはいいと思うんですけどね。

と、いう理由で家庭を放り出して練習に行っています(笑)

そりゃあ父親のようにならんわ(笑)

aichimanner at 20:49|PermalinkComments(0)たわごと 

2018年06月09日

ガッ ショウ サイーー!!

愛知県合唱祭に参加してきました。

舞台上での感覚的な話になってしまいますが、

全体的には良い出来だったのではないかと思います。

個人的には、かつて無いほど自信のない内容でした。

まず第一に、正しい音が把握しきれていない(笑)

正指揮者不在時に指揮をしているので曲はわかっているものの、

果たして自分の音がどのパートの音なのかをわかっていませんでした(笑)

※決して自分の練習時間が少なかったという言い訳ではありません。ただの怠慢です(笑)

毎回合唱祭の時は楽譜用の黒い紙だけを持って暗譜で乗るのですが、

今回は譜面見てても音が出てこない(笑)

単純に苦手意識というのもあるかもしれません。

結果、ハーモニーに問題ない程度には収めました(笑)

どっかのパートと同じ音を出してたはずだから、大丈夫!(笑)


今回の合唱祭では、団外の様々な知り合いと出会いました。

去年もいたメンネルの後輩のヒゲの御仁は言わずもがな、

職業「指揮者」に転職した某同級生とか、

グランフォニックの演奏会でご一緒させてもらった人とすれ違いざまに挨拶したり、

その演奏会を見に来てくださった人と挨拶したり。

なんかすっかりその業界の人な感じです(笑)


次の演奏会は男声合唱フェスティバル。

はてさてどうなることやら…。

aichimanner at 21:47|PermalinkComments(0)たわごと