2018年02月18日

ご来場ありがとうございました!

昨日ご来場いただきました方々、本当にありがとうございました。

また、ご来場いただけなくても、応援を頂きました方々にも

併せて感謝申し上げます。


先ほどチケットの半券や招待状の集計をしたところ、

約200人ほどご来場いただけたようです。

栄えある第1回演奏会、これを弾みに精進してまいります。


27993093_808689062652612_6457152535303831585_o
28061832_808698205985031_595523239588415602_o
お客さんからのもらいものです(笑)


と、まぁ硬い話はさておき、練習時からの出来栄えですと、

演奏会本番はざっくり75点ぐらいの出来だったと思います。
(あくまでも個人の感想です)

思いの外の来客数の多さと、ステージ上の思いの外の暑さに

苦しめられたこともありますが、

本番前のブログで言及した通り、練習不足感は否めなかったかもしれません。

ちなみに私個人は予想外に絶好調で、通常の120%ぐらいの出来でした(笑)
(あくまでも個人の感想です)

こう見えて喉やらなんやらが弱く、練習で使い果たして本番時に声が出ていない、

なんてことを結構繰り返しており、所謂「本番に弱い」タイプでした。

メンタルは最強なんですが(笑)


今回の演奏について、仮に自分が客席で聴いていたとしたら、

「課題の多い演奏」という評価を下すと思います。

もちろん乗っていてもそれは思ったわけですが…。

ただし、合唱もしくは男声を知らない方からは(自分個人を含め)

たくさんお褒めをいただきました。

このブログや、演奏会のプログラムでも度々触れますが、

私が大事にしたいのは後者のような方々の声です。

勿論誰が聴いても上手いと言われるにこしたことはありませんが、

男声合唱を知らない人たちに、その魅力に気づいてもらいたい。

そういう演奏を目指したいな、と思っています。

そんな演奏はできたのかな、とは思いました。

でも75点です(笑)


ちなみに、施設の駐車場代の清算を忘れてしまい、

とんでもないことになってしまいました…。

それを含めると-10点です(笑)

aichimanner at 13:10|PermalinkComments(0)お知らせ | たわごと

2018年02月12日

演奏会まであと5日

001

とうとう残すところ、あと5日となりました。

ホールも決してキャパの大きいところではないので、

入りきらないぐらいのご来場お待ちしております!


入りきらないぐらいの演奏会にできればいいですね。


できればいいですね!(笑)


と、まぁ相変わらず辛口なわけですが、

個人的には社会人となって初の一般合唱団としての舞台で、

時間の足りなさというのを改めて感じました。

いかに準備して臨むことが大切かということは、

合唱に限ったことではありませんが、後になってから感じるものです。

が、しかし、悲しいかな人間というものは、

追い込まれないとなかなかやらないもので、

毎回同じように不完全なものを作り上げては、悔いるということに

終始しているように思います。

むしろそれこそが人間らしいとも考えられないことは無いですが(笑)

とにかく、本番に強いメンネル。どういう演奏会になるのかは乞うご期待です。


明日から風邪もひいていないのにマスクで完全防備して仕事します(笑)

まぁ何をしたところで、風邪ひくときはひくし、ひかないときはひかないものです。

これが持論です(笑)

本番終わったらガタッと体調崩したりして(笑)


aichimanner at 20:23|PermalinkComments(0)たわごと 

2018年02月03日

疾風怒濤1月2月

何かと忙しく1月末をすごしていました。

と、言っても私事ばかりですけど(笑)

28日にハロプロのライブに行ってまいりまして、

偶然にも初期メンバーの復刻(?)ステージを見ることができました。

実のところ、このメンバーの時期にもヲタをやっていましたが、

CDを聴きまくったりメンバーのプロフィールを覚える程度のもので、

ライブに行ったりとかそういうことはありませんでした。

痛いことには変わりありませんけど(笑)

彼女たちが所謂「アーティスト」として活動していた時期が好きで、

ファンをやっていたわけなのですが、

いつの間にか形を変えてゴリゴリのアイドルに変貌した上に、

メンバーまで入れ替わるというのは当時では考えもしなかったことですね。

しかもそれに対して熱を上げていることも、考えもしなかったですね(笑)

当時の彼女たちがあったからこそ今の形があるわけですけど、

今の形でいられるのは、今のメンバーがいるからこそ、というのは

言わずもがなでしょう。

これって男声合唱(もちろんその他のことでも)にも言えることですが、

過去の土台があったとしても、時代に合うように形を変えてでも存続をしないと、

形骸化した化石のようになってしまうのですよね。

こんなことはずいぶん前から言っていることですが、あのライブで改めて感じました。


今日は私のステージは最後の練習でした。

本番を迎えるには若干不安な部分もありますが、

このへんはメンネルらしく、上手いことやってくれるでしょう(笑)

盛大に間違えるのもそれはそれです(笑)


練習後に後輩と飯を食べて、何となく話題に出た某1期上のN先輩に電話してみました。

「先輩」とは書いていますが、彼に対する扱いはとても先輩として適切とは言えません(笑)

その不適切な電話の内容を抜粋すると、

「○○さん、元気? 演奏会来るの?ていうか来てよ。

 ××先輩の近況?あんた同期なんだから自分で電話しろよ!」

という有様(笑)

まぁそんな扱いが許されるのは彼だけですが(笑)

一応予定が空いていて、今のところ演奏会に来てくれるそうです(笑)

当団の先輩諸兄も「誰か若い子入ってこないかなぁ」とボヤいていますが、

なかなか若手の奮起を促すのは大変なようです(笑)

ピアニストとヴォイストレーニングの先生は抜群に若いんだけど(笑)

あと、トップのデカい奴も若いです。

どんな団か気になる方は、ぜひともご来場ください。お待ちしています(笑)

aichimanner at 22:45|PermalinkComments(0)たわごと