2018年11月11日

フェスティバルの反省会

今更ながら、男声合唱フェスティバルの反省会を行いました。

色々と思うことがあり、言いたいことを言ったことで、少しいら立ちが収まりました。

今回の演奏会で一番大きかった出来事は、グランフォニックとのコラボでした。

これについて意見が様々ありました。内容の是非はともかく、

意見は色々あって然るべきかとは思います。

少なくとも今回の反省会に参加された方からは、「刺激になった」という意見も多く、

特に何もしていませんが、掛け持ちして橋渡しのサポートをした身としては

一定の成果はあったのかな、という感じでした。

こういう時によく出てくる意見ですが、

「団の色」というのがよく耳にするワードです。

確かに発声法や歌い方など、各団によって特徴や相違点はあると感じます。

それは練習を重ねていって多少の癖が出てきたりはするものですが、

多くの場合は個人の力量に依っています。

例えば自分はメンネルでもグランフォニックでも歌い方は変えていません。

それが原因で互いのハーモニーが崩れることもありません。

ですが、メンネル=グランフォニックというわけではないですよね。

ということは、それは各団にあらかじめあるカラーなのではなく、

個人の集合体が結果としてカラーになった、ということです。

集まった人で作られたのが団のカラーです。

その閉鎖的な思考が、こと愛知県内の男声合唱団を形骸化させている

理由なのではないかと思います。

「同じ大学のOBなら歓迎するけど、他の人はちょっと考えます」では、

同じ大学のOBですら入ってきてくれないでしょうね。

そうは言っても、この意見も自分が外へ出るようになってから

柔軟に考えることができるようになったわけですし、

あまり無理強いするのも酷というものです。

ただ、先々のことを考えたときに、一人でも多く団員として入団してもらい、

少しでも長く団として存続するためには、直面する課題となるでしょうね。

現に出身校に関わらないグランフォニックは、今年だけで5名ほど団員が増えてますから。


そんなこんなでイラついていることと、演奏会がまだ1年先ということと、

12月にグランフォニックの方でちょっとした演奏があることで、

自分に余裕が無い上に、メンネルへのモチベーションが上がっていません。

合唱祭だけではなく、何かしらの演奏会やイベントを挟まないと、

モチベーションの維持は難しいのかもしれませんね。

あまり頻繁に何かあっても困るのは困りますが(笑)


ちなみに演奏会ですが、2019年10月26日西文化小劇場でほぼ決まりです。

なんとグランフォニックの6日後です。もろかぶりです。

指揮を含めてほとんど暗譜なので、考えただけでも逃げたくなります。

モチベーションが上がらないとか言っておきながら、

イベントが多すぎて逃げたくなるとはこれいかに。


aichimanner at 01:44|PermalinkComments(0)たわごと | お知らせ

2018年11月04日

全うする、とはなんぞや

言い方が母校の中学校の校長先生っぽいですが、

わかりにくすぎるネタでした。


前回やることがいっぱいでどうのこうのと話をしましたが、

指揮者としてそのキャリアを全うするつもりです、という言葉を考えた時に、

この「全うする」というのが何をもって全うなのかと考えてしまいました(笑)

巷でよく耳にするのは「天寿を全うする」ですが、

果たして「天寿」とは何を基準にしているのか?

勤め先の社長(現・会長)の言葉を借りると

「どういった形であろうと、亡くなったらそれがその人の寿命である」

―――てことは全ての人が天寿を全うしてる、とも考えられます。

屁理屈っぽいですが(笑)

俗に短すぎる、長すぎる(←そういわれる人はあまりいませんが)と言われますが、

本来の寿命であると考えればそこにたらればもなく、元々そういうことだったと。

若干哲学的というか、宗教的な観念になってしまいますので、この話題はこのへんで…。


上記の感覚でいくと、指揮者として全うするのはどのタイミングかと

色々考えてしまいます。

おそらく現状のペースでいくと、自分の最期に

「やりたい曲とかすべてやり切った!わが指揮者生涯に一片の悔いなし!」(ラ○ウ)

とはならないはずです。

少なくとも団員数が減ることが見えている我々男声合唱界で、

果たしていつまで活動を続けられるのか、考えさせられる瞬間が多々あります。

明日には活動できなくなるかもしれません。

うっかり団員が増えまくるかもしれません。

いやそれは無いな(笑)

とりあえず頭の中に積まれた課題を見つめて途方に暮れ、

若干イラついている病み(闇)将軍なのでした(笑)

aichimanner at 10:14|PermalinkComments(0)たわごと 

2018年10月28日

代償を払うのはこの世の定めだ

なんだか重苦しそうな題名でしたが、内容は適当です(笑)

何事にも両立というものは難しく、

ある片方の事柄を満たすためには、何らかのものを犠牲にしなければなりません。

どちらも尊重するのは不可能なのです。

つまり、音取りのために睡眠時間を削るのは不可避ということ(笑)

睡眠時間を削ると音取りも若干適当になり、能率が下がります。

そのために睡眠時間を取ると、結局音取りをやることはありません。

つまり負のスパイラルに陥っているということです(笑)

両立の煩わしさを解消するために、投げ出す、という方法を考案するのは

自分の悪い癖です(笑)

いや、実際そんな簡単に投げ出しませんけど(笑)


自分の内部でのジレンマというのは、往々にして存在しますが、

カテゴリを大きく見ても同じことはたくさんあります。

特に我々のように年代が様々な合唱団は、

この世代を尊重すれば、あの世代が立たぬ、という現実に直面します。

以前から言っている「若手不足」の原因はこれです。

愛知メンネルは愛大メンネル・コールのOB会から出ているわけですから、

若手が全くいないわけではありません。

「子育てが忙しい」等の声を聞くことがありますが、

ではその子育てが終わったら来るの?といえばそこに返答はありません。

正確には「返答が無い=NO」ということ。

だからそれは参加しないことの真の原因ではないはずです。

私を含めて団員が、「なぜ参加してもらえないのか」を真剣に考えなくてはなりません。

ただし、若手メンバーを尊重することで、現メンバーが去ってしまうのでは

意味がありません。

おそらく解決しない問題ですね。


愚痴っぽくなってしまいました。

いや完全に愚痴です(笑)


ただし、参加してもらえない理由が何なのか、ということは

黙っているのではなく発信してもらいたいと思いますね。

そのためには発信をしなければなりません。

なので敢えてこんな文章を書いてみました。


あまり関係の無い方は音取りのくだりまで納得していただければ十分です(笑)

ていうか正直なところ、音取りの話の方が今の自分には深刻な課題だ(笑)

aichimanner at 18:42|PermalinkComments(0)たわごと